スローダウン社労士ブログ

社労士ブログ

【社会保険】遅れて昇給差額が支給されたら算定基礎届はどうする?

昇給差額が遅れて後から支給された場合は、

 算定基礎届はどのように書くのでしょうか?

 

厚生労働省(日本年金機構)作成の

「算定基礎届 事務説明動画について(2020年度版)」をご確認ください!

( YouTube 厚生労働省チャンネル:51分37秒)

https://www.nenkin.go.jp/service/kounen/hokenryo-kankei/hoshu/santeisetsumei.html

 

            

41:45あたりから「修正平均」について説明されます。)

 

 

 

 

〇例えば、3月分と4月分の昇給差額(8,000円×2)が「5月」に支払われた場合、

 算定基礎届にはどのように記載したら良いのでしょうか?
  (この場合、本来4月に支払われる分が、5月にまとめて支払われたことになります。)
  その場合は、算定基礎届の用紙(今年から変わりました)の
   ・「⑪報酬月額欄」には、「実際に支払った金額」をそのまま記載します。
   ・「⑦昇(降)給欄」は、 「1.昇給」に〇を付けます。
   ・「⑧遡及支払額欄」に、「5月 8,000円」と記載します。(本来は4月支給分の金額)
   ・「⑯修正平均額欄」に、「(3カ月の支給合計額―支給差額)÷3」による平均額
   と記載します。(3カ月が対象月の場合の例となります。)

 

〇考え方としては、「昇給差額分を除いて平均を算出する」というものになります。

 

一覧に戻る
お電話でお問い合わせ

お電話でお問い合わせ【受付時間 09:00~18:00】 03-3682-7707